622b57c2.jpg

 2013年の10月に、センター北駅の目の前という好立地にグランドオープンした商業施設『PREMIERE YOKOHAMA(プレミアヨコハマ)』。目を引く奇抜な外観と、一つ上のクラスをいくプレミア感を押し出して後発となるここ港北ニュータウンに殴り込みをかけてきたこの施設ですが、オープンから半年で閉店となるお店が続出というピンチっぷり。まさかのガラガラ具合に、港北ニュータウン民も「ここどうなっちまうん?」と日々注目している次第です。

スポンサーリンク



さて、そんな第2のピエリ守山候補のプレミア横浜ですが(ちなみに本家は復活の兆しというニュースも)、これはこれでなかなか良いところもあります。そんなプレミア横浜の良いところをまとめてみました。


◆その1 人が少ない

はい、これにつきます。空いてるし静かだし。それに、入っている店舗が決して悪いわけじゃないんですよね。しいて言えば、コンセプトがブレてるというか、パンチがないというか。ま、とりあえずゆっくりしたいときとか、フラっと行くのはありです。ドコモショップとかも空いてていいですよ。


◆その2 ソファで休める

人は少ないのに、休憩できるソファは豪華。ゆっくり読書してる人もいるのでオススメです。


◆その3 トイレで待たない

子どものオムツを急いで替えたい!そんなときはプレミア横浜で、1つ上の上品なおむつ替えを。

スポンサーリンク



◆その4 ご飯難民にならない

この前、映画の妖怪ウォッチが公開になったとき、センター北も南もエラい人の数でとんでもないことになりましたよね。いつもと同じ時間に、座れるタイミングでノースポートモールのダイニングコートに行ったのですが、もうパンク状態。なので、仕方なくプレミア横浜のサイゼリアに行きました。プレミア横浜のレストラン案内の看板でサイゼリアを見ると、なんとなくリッチな感じがします。


◆その5 スイーツエリアがオススメ

テーブルとイスも設置され、コーヒーも頂けます。休憩にはもってこい。なお、ここの「パティスリー&ダイニング アンファンス」で扱っている八海山の「麹だけでつくったあまさけ」はめちゃくちゃ美味しいので超オススメです。もう、このためだけにプレミア横浜が存在していると言っても過言ではないくらいです。よくよく考えたら、オススメなのは八海山じゃんって話。


おお、いろいろ良い点もあるじゃないですか。
とにかく、プレミア横浜ってすんげー好立地な場所にあるわけで、そんな商業施設が閑古鳥、という状況は港北ニュータウン民にとっても悲しい話なんですよね。決してディスっているわけではなく、みんな心のどこかで応援はしているはずなんです。私なんて、もうプレミア横浜の全店舗で「麹だけでつくったあまさけ」を売ればいいのに、と思っているくらいです。

プレミア横浜には、これからもがんばって立て直しを図ってもらい、復活の兆しを見せたピエリ守山に続いてほしいものですね。

★関連記事
【コラム】『プレミアヨコハマ』がコケたのはなぜ? ボクが気づいたある1つの理由

【コラム】『プレミアヨコハマ』のなりふり構わないっぷりがすごい件

【コラム】また店が1つ閉店した…ここもじき腐海に沈む。ガラガラのプレミアヨコハマ、息してるー?

スポンサーリンク